知っていますか?保険がもたらす保障の大きさ

保険Choicer

海外へ飛び立つ前に持つべき保障

さまざまなトラブルから我が身を守るコツ、それが海外旅行保険。

選ぶポイントは目的にあわせること

海外旅行保険は短期と長期に分かれます。あなたにぴったりなのは?

相談 READ MORE

申し込む前にしっかりチェック

加入する為に必須な条件あり。現状と照らし合わせて申込を。

説明 READ MORE

短期でも長期でも備えられる優秀な保険

海外へ出向く目的は異なります。滞在期間に見合った商品探しを。

保険加入は安全の元

女性

思わぬ病気に見舞われても大丈夫

海外では、日本では考えられないような病気を発症することも。海外旅行保険では傷病治療費や傷害治療費などを保障してもらえるので、健康保険適用外となる海外での治療でも安心できます。保障内容に後遺障害に至るまでのサポートが含まれていたら、治療完了した後も保険金がおりるケースもあり。プランによって保障範囲が異なる為、加入時には必要とするものだけを取り入れましょう。

危険なスリの存在を忘れないで

治安の悪い地域だと特に気を付けてほしいのがスリ。海外からの観光客をターゲットにし、金品を奪う人も少なくないのです。旅先で現金が全てなくなるのは恐怖でしかありません。そんなトラブルから救うのが携行品損害。平均でも30万円の保障をつけられます。海外旅行保険を備えながらも、旅行ケースに頑丈な鍵をつけるなど一工夫も必要ですね。スリには充分お気をつけを。

海外旅行保険で大人気の保障Best3

もしもの怪我や病気に、疾病・傷害治療

no.1

やはりいちばん人気は体を守る治療費!

海外旅行の道中でレジャーを楽しむ観光客も多いでしょう。そのレジャー中にもしも怪我を負ったとしても、多額の治療費を自己負担する心配はありません。日本での健康保険は、当然の如く海外で活用できないので、これ一つあるだけで背負える安心感が全く違いますね。

最大保障額を1,000万円に設ける保険会社は多く、よっぽどのことでない限り、不足する心配もなし。

ものや人に対してしでかしたら、賠償責任

no.2

国内でもそうですが、誤ってものや人に傷をつけてしまったらその賠償として金銭を求められることがあります。それは海外でも例外ではありません。

海外の場合、日本とは物価が違うので高額な賠償責任を求められるリスクがありますよ。どんなに高額であっても安心できるほど補償額は考慮しておきましょう。

反面、保険料は千円台からのプランもあり、誰でも加入しやすいメリットが嬉しいところ。

自身に何があっても家族を守る、傷害死亡

no.3

こちらは、仮にもしものことがあったときに家族を守る為の保障。海外で受けた疾病や傷害から死亡してしまった場合、一定額の保険金が被保険者の家族に支払われるのです。

地球のどこにいようと、何があるか分からないものですが、海外だとそれはさらに未知数なものに。長期的に現地へ滞在するなら余計に加入して欲しい保障の一つです。

保障を大きくしたいなら保険金と予算のバランスを見ることが大事。

安心できる気持ちも旅行かばんへ詰めよう!

大手の保険会社だとなお安心

短期間しか利用しないものの、旅行中に事故や事件に巻き込まれるリスクは大きいもの。保険料よりも、安心できることを優先にしています。大手だとサポートサービスも充実しているので大満足。

24時間のサポート体制に信頼アップ

外国へ行けるのは嬉しいですが、私は日本語以外全然ダメ・・だから、今回は24時間日本語スタッフ常備、強力サポーターがついてる保険にしました。迷ったことは尋ねられ、困ることもなし!

一人だけでなくグループで加入

海外旅行へ一人で行くとは限らないですよね。大学の卒業旅行で、台湾へ飛び立つときにはグループ(最大10人)加入ができる保険にしました。手間なく契約できたのでとっても楽ちんでしたよ。

保険金支払いのスピーディーさ!

とある国を巡っているときに、娘が怪我をしてしまったので保険金を請求することに。その際には、10日もしない内に保障どおりの保険金を振り込んでもらえました。あまりの早さに驚愕!

家計診断を対応してくれる専門家が探せる3ステップでラクラク検索☆

保険で保障される期間はどのくらい?

海外へ飛び立つ目的には、旅行や出張など多種多様にあるもの。目的によって滞在期間にも大きな差があるでしょう。短期しか現地にいないなら、長期的に保障される保険は不要です。海外旅行保険の特長として、滞在期間にあわせて保障期間を選べるところが挙げられますよ。たった3日であろうと備えることはもちろん可能!

基本的には、自宅を出て戻るまでが保障期間と認識されるので、国内に着いても安心は続きます。しかし、他の土地へ立ち寄るのは例外となるのでご注意を。